セール・アウトレット・ポイントやマイルお得な情報てんこ盛り

得ログ

Kids

小学生に戦争を伝えるおすすめのアニメと本

更新日:

タイトル:小学生にアニメDVDや本で戦争を伝える

戦争について子どもに聞かれたら、どう話す?

8月15日が近づくと、昔よりかなり少なくなりましたが、戦争に関するドキュメントや特集がテレビから流れてきます。

今はいい年の私も、夏になると、祖母が体験した池袋での空襲の話や、伯父が話す栃木への疎開の話をよく聞いていました。

子どもの頃、戦争にまつわる話は、あまり聞きたくないのに聞かされたこともあって、聞き流すことがよくありましたが、今では、その話をしてくれた・経験した人たちはみんな亡くなるか、話ができなくなってしまいました。
そんな中、子どもたちも小学生になると、(空襲の被害が大きかったっ地域なので)学校で東京大空襲の話を聞いて「ここらへんは爆弾が落ちたのか?」とか「どのくらい燃えてしまったのか?」など、戦争に関する質問をしてくるようになりました。
もちろん、子どもの質問に対して答えることはできました。

それは子供と同じように、小学校の授業で教わったからです。

 

しかし、うまく言えませんが、祖母や叔父から聞いた時に感じた 異様な ”感じ”?、"感覚"?みたいなものが、風化ではないのですが、子どもには伝わっていない気がしていました。

そこで、何かアニメやマンガ・本でわかりやすく、戦争が持っている異様さを伝えられるものを見せたいと思いました。
私が子供のころ、戦争が持っている異様さを最初に感じたのは「はだしのゲン」でした。
通っている小学校の図書室や区の図書館に手塚治虫のマンガと共に、必ずあるマンガでした。勉強するのに飽きてマンガが読みたいので手に取って、何の気なしに読んで、テンションが "ズドーン"とだだ下がりになったのをよく覚えています。

戦争が市民にもたらす破滅的な影響を、世相を含め本当によく描かれていると思います。

ただ、今の子どもには伝わりにくい部分(クスリやヤクザ...)も多いと思うので、もう少し大きくなってから、自分の意思で読んでもらえばいいかと思っています。

では、もう少しソフトに「戦争の異様さを小学校の低学年の子どもに伝えてくれるアニメや本は?」というと、次の2つのアニメ・本がおすすめです。

 

火垂るの墓とおじゃる丸

2つともアニメになってしまいますが、「火垂るの墓」と「おじゃる丸」です。

「火垂るの墓」は、見た方も多いと思いますし、公開からかなりの時間が経っていても、TVでも放映することがよくありますので、ご存知の方も多いでしょう。
もし見ていなければ(特に子どもがいる方、子どもに兄弟のいる方は)、子どもと共に見るべき作品だと思います。

原作の野坂昭如の本も、同時収録されている「アメリカひじき」など含めて、戦中・戦後の物語としておすすめです。

(夏休みの読書感想文の指定図書になっていることも多いので、それにあわせて読むのも気持ちをまとめることができるので、おすすめです。)

そして、もう1つのおすすめ作品、NHKのEテレ(教育テレビ)でやっていた「おじゃる丸」なのですが、おじゃる丸の特別編になっているもので、正式なタイトルは、「おじゃる丸 スペシャル わすれた森のヒナタ」といいます。
あまり有名ではないの物語のあらすじを...

最初は、いつものおじゃる丸の世界から始まります。

その後、ヒナタというキャラクターとの出会いがあり、戦争に向かい合う、別の世界に行くことになりますが、最後、無事に元の世界に戻って終わる、異世界に行くアニメによくある展開の話です。
だけど物語が終わったら、子供たちはおじゃる丸に自分を重ね合わせて「戦争とは?」考える最初のきっかけになるアニメです。
また大人に対しては、

「戦争がどんなものか、子どもにきちんと話せますか?」

「戦争は普通に生きていた人まで、望まずして加害者になることもあるし、大切な人が被害者になることもある」という戦争に対するたくさんの見方を与える作品です。
結論としては、

子どもも大人も、心をグラングランに揺すぶられるとてもいい作品だと思います。

ほかにもアニメでいろいろ考えさせてくれるものはたくさんあります。

同じ考えるきっかけを作るのであれば、子どもにもわかりやすいアニメで、考えるきっかけを作ることを心がけるのもいいかもしれません。

(映画のクレヨンしんちゃんシリーズなんかもおすすめです。Amazonプライム会員なら無料で見れます

-Kids
-

Copyright© 得ログ , 2019 All Rights Reserved.