セール・アウトレット・ポイントやマイルお得な情報てんこ盛り

得ログ

よもやま

姫路城おすすめ観光スポット

投稿日:

子供と姫路城に行く

 
今回、初めて姫路城に行ってきました。
 
同時に京都の二条城、名古屋の名古屋城にも観光に行きましたが、城攻めの妄想としては、姫路城が2~3段階膨らみました。
(もちろん二条城のように用途が違ったり、名古屋城なんかは堀などの縄張りで魅せる城だったりするので一概には上下は言えません。)
 
ここでは、姫路城のおすすめの観光の楽しみ方とスポットをまとめます。
 

姫路城のおすすめ観光ポイント ベスト3


①入口から出口までどこからでも美しい天守や櫓・塀の建築美
②狭間や石落としなど防御設備や敵が攻めにくい城の設計
③時代ごとに積み方が違う石垣
④<おまけ>歴史が好きでなくても理解できるARアプリ「姫路城大発見アプリ」

 

注意ポイント


①混雑すると天守の最上階など規制がかかる&せかされるので、早い時間がおすすめ....(営業時間はこちらで確認)
②ARアプリは事前にインストールしておくのがベター(インストールから立ち上がるまでに時間がかかります)


 
不満ポイント:最後に書きます。
 
では具体的にどこのどの場所がおすすめポイントかそれぞれ紹介していきます。
 
姫路城 場内地図

image:姫路城公式HPより

 

姫路城おすすめ観光ポイント:城の建築美

 

①姫路城入場口前:広場

姫路城がきれいなのは、大天守だけでなく櫓や塀全てが小高い山全体にまとまって見えることです。
 
広場からの姫路城
 
奥行きのある美しさは平山城ならではの特徴です。
平城ならどうしても平面的になりますし、山城だと天守がはるか遠くに見えることになります。
同じ平山城の彦根城も同様の美しさがありますが、美しさでは姫路城に分があります。(一方、彦根城は武骨さを感じます)
 

②二の丸:はの門前からの大天守

二の丸の塀と櫓に囲まれた細い通路から大天守が見えるスポットがはの門前から点在します。
 
遠くに見える大天守
 
おすすめ観光ポイント②と被るのですが、城を攻略する気分でいると「いつになったら天守を落とせるんだ...」と思いつつ、美しい天守を見あげる絶好のポイントです。
 

③本丸:備前丸からの連立式の大天守

かって本丸にあった平時の居住スペースです。つまり池田輝政など城主が住んでいた所になります。
 

 
今は広場になっていますが、大天守のすぐ横の広場なので絶好のポイントです。天守の石垣の傾斜なども実感できるおすすめのスポットです。
順路では大天守の後になります。
 

姫路城おすすめ観光ポイント:防御設備や城の設計

 
これは、自分が「城攻めする気分」「防御する気分」でお城を観光する上でおすすめのポイントをまとめ。
攻めるにしろ、守るにしろ、子どもと一緒にワイワイ見学できます。(攻めるのはかなり大変です)
 
 

①狭間:菱の門から大天守まで各所

狭間とは、内から外をうかがったり矢・鉄砲などを用いたりするための小窓です。
守り手からは攻撃できるけど攻め手からは見えないように、内側は狭く外側には広く穴が開いています。
姫路城全体では狭間の数は1,000個近くあるそうです(姫路城パンフレットより)
 

 
 

②石落とし:二の丸より内側の櫓、各天守

石落とし:写真左上にある下方に開口している穴です。真下にいる標的を攻撃する用途で使われます。
 
塀に囲まれた狭い道なので、狭間から死角になる石垣の直下もここから石や弓矢・鉄砲で撃たれてしまいます...
 

 

③勾配のある石垣:上山里下・二の丸 扇の勾配

扇の勾配:上に行くほど傾斜がきつくなる石垣を評して、扇の勾配といいます。
 
下の写真は黒田官兵衛が作った石垣といわれるものですが、途中まで登れてもその先は...狭間から撃たれて終わりそうです。
 

 
 

姫路城おすすめ観光ポイント:時代ごとに積み方が違う石垣

 
姫路城の築城は長い年月をかけているので、戦国時代から江戸時代までの石垣が残っています。
 
戦国時代の石垣は、野面積み(のづらづみ)といわれる石をそのまま積み上げたような積み方。
 
姫路城の石垣 野面積み
 
一方本丸の大天守などは、打込み接ぎ(うちこみはぎ)という、隙間が少なく加工した石を使ってキレイかつ急な勾配を実現しています。
 

 
 

姫路城おすすめ観光ポイント:姫路城をよく理解できるARアプリ

 
姫路城の各所でスマホをかざすと、いろいろ紹介をしてくれるアプリが「姫路城大発見アプリ」です。
 
城内の16か所の看板にアプリをかさすだけで、場所の由来や伝説、使われ方などがわかるので子どもに大変好評でした。
 
姫路城大発見アプリ 見れる個所

image:姫路城公式HP

 
城内でインストールしようとすると結構時間がかかるので、事前にスマホに入れておくことをおすすめします。
 
 

姫路城不満ポイント:お土産

 
1つだけ。お土産に軍配か木刀を置いてほしい。
 
場内のお土産屋さんに木刀がありませんでした。
息子と二人で城攻めの興奮も止まない中、何かモノが欲しかった...
木刀がダメなら軍配をお土産に欲しかった...
これだけ城攻めごっこでワクワクさせる城、更に黒田官兵衛推ししてるなら...軍配はお土産のラインアップに入れて欲しい、これだけが残念。
 
ちなみに伊勢屋の玉椿はおいしかったですし、お土産にも好評でした。求肥大好き。
 
 

おまけ:播州皿屋敷と番町皿屋敷

 
姫路城にはお菊の井戸があります。
 

 
私はずっと江戸にある番町での話、番町皿屋敷と思っていたのですが、カミさんは播州皿屋敷と思っていました。
 
二人ともどちらかが間違えていると思っていたのですが、両方あるんですね。
姫路城に行って初めてわかったことでした。
参考:Wikipediaの皿屋敷
 

宿泊予約 じゃらん

宿泊予約 じゃらん
 
楽天トラベル

-よもやま
-,

Copyright© 得ログ , 2019 All Rights Reserved.