セール・アウトレット・ポイントやマイルお得な情報てんこ盛り

得ログ

よもやま

ハロウィンに参加する人はどんな人(男女比や世代を調査)

更新日:

 

身の回りに広がるハロウィン

 
ここ数年、ハロウィンの時期になると、学童や子どものお友達付き合いに引きずられて、ハロウィンパーティーなるものに参加せざるを得ない時があります。
 
話を聞くとパーティー好きな方は1度ならず、10月末、11月頭にかけて週末毎にパーティーをしています。
 
すると疑問に思うのは、ハロウィンって時期はいつなんだろう?とか、どんな人がハロウィンに参加?コスプレ?パーティ?しているんだろう?などなど思いましたので、整理してまとめてみようと思います。
 

<知りたいこと>
・いつがハロウィンなの?(時期)
・そもそもハロウィンって何?(成り立ち)
・日本でハロウィン(行事・パーティー・仮装)している人ってどんな人
(男女・世代・地域)

 

ハロウィンの時期・いつなのか

 

毎年:10月31日がハロウィン

 
理由:ハロウィン発祥のケルト人における、1年の終わりが10月31日だから
 

ハロウィンの成り立ちと内容

 

ハロウィンとは何か

 
ケルト人(古代ヨーロッパの中部と西部に住み,ローマ人がガリア人と呼んだ人種で、現代ではアイルランドやイギリスのスコットランド・ウェールズ地方に多い)が起源とされるお祭りです。
1年の終わりに秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す行事でした。

 
もともと、ケルト人のコミュニティで細々と引き継がれてきましたお祭りです。
19世紀になって、アメリカにアイルランド・スコットランド系の移民が入植し、アメリカのお祭りの1つとして定着しました。
 
アメリカでメジャーなお祭りになったため、アメリカ文化の影響が強い国で、ハロウィンは行われるようになりました。
 
ということは、つまり、ハロウィンとキリスト教との直接的な関係はありません
 
具体的な風習としては、カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりします。
 
そもそもケルト人のお祭りが、アメリカでカブのランタンからカボチャのランタンに変わり、子供たちが魔女やお化けなど怖いものに仮装する習慣が生まれて、「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」とお菓子をもらうようになりました。
 
それが日本に入ってきて、仮装パーティーやホームパーティーなどみんなが騒げるお祭りになりつつあります。
 

ちなみにビジネス的にはハロウィンは、とてもおいしいイベントらしく、すでにバレンタイン市場を上回りクリスマス市場に次ぐ規模になっています

 

ハロウィンはどのぐらい浸透しているのか

 
ここから本題です。
渋谷でニュースになるほどの人気のハロウィンですが、実際のところ、どんな属性のヒトが参加しているのでしょうか?
 
ちなみに、私の勝手なイメージだと、大学生や若い社会人と子どもが幼稚園・保育園に通わせているような世代(20代後半から30代、40代前半も)というイメージです。

 
ちょうど、リクルートが実施したハロウィンに関する調査がありましたので引用します。
 
 
※ただし3大都市圏の20歳から69歳までのサンプルになりますので、全国平均はより低くなることが推測されます。
また、ホットペッパーが絡んでいるのでハロウィンと外食の関係する質問が多くあります。
 
サンプル数:9849件
首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)
関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県)
東海圏(愛知県、岐阜県、三重県)
 

ハロウィンに参加する人の割合(パーティやイベント)

ハロウィン行事への参加予定者は、調査回答者全体の22.6%
 
性別・年代別では、

20代30代の男女で20%後半から30%で多く、30代女性が30%超えで最高

予想通りといえます。
 

ハロウィンで仮装する人の割合

 
参加予定者の内、

「仮装して」の参加を予定している人は39.6%(全体から見ると8.9%)

30代女性では55.5%が仮装の予定。続いて20代男女がほぼ半数が仮装して参加する予定です。
 
これは少し意外で、若者より30代女性(ママさん?世代)が多いんですね。
 
ここで特徴的なのは40代の男女で、40代男性は仮装して参加することに対して42.4%と比較的浸透しているのに対して、40代女性は32.0%と同年代の男性に比べて-10%、30代女性(55.5%)に比べて20%以上も下がり、急激に保守化?仮装したくないという結果が出ています。
 
全体を通して、ハロウィンは30代女性をトップに、20代男女と若者層を中心に盛り上がりつつありますが、それでもまだ大都市圏の20%程度しか参加していないことがわかりました。
 
近年、保育園や学童などでも行事の一環としてハロウィンパーティーを開催したり、町のお店でも仮装した子どもにお菓子をあげたりしています。
徐々に子どもの頃から、自然なイベントとして体験している世代が中心になるとより裾野が広がっていくのではないでしょうか?
 

-よもやま

Copyright© 得ログ , 2019 All Rights Reserved.