セール・アウトレット・ポイントやマイルお得な情報てんこ盛り

得ログ

Amazon

Amazonが偽物対策にAI・機械学習を導入

投稿日:

amazon偽物対策

 

amazonにはびこる偽物と自分でできる対策

 

最近、amazonで買うのが億劫です。

 

いつの間にか、いいと思えないようなものが評価が高かったり

昔まではほとんどなかったのに最近、往々にして偽物?と思えるような商品がamazonの中に出てくるようになりました。

 

おかげでamazonで「サクサクっと」買おうとしても、いろいろ注意するクセがついてしまいました。

最初は「プライム」のタグが付いていれば信頼できるかと思いきや...そうでもありません。

 

これなら、ポイント還元が大きい楽天の方がましです。

 

要は、評価・レビューに問題があるような商品がいつの間にかamazonにはびこるようになりました。

 

ユーザーができる対策として知られているのは...

対策:「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」の商品だけ買うこと

amazon.co.jpの商品

これはamazonで販売している会社(出品者)には、いくつかの種類があります。

 

<amazonで販売している人たち>

種類説明信頼性
amazon.co.jpアマゾン自身が販売高い
メーカー公式メーカーがアマゾンを利用して販売中華メーカーではレビューが高くなるようユーザーに利益を与える場合も
フルフィルメント by Amazon(FBA)小売(アマゾン倉庫利用)アマゾンプライムロゴ利用可、一部に偽物も
マケプレプライム(大口のみ)小売(サービス利用)
大口出品・小口出品小売(出店契約のみ)一部に偽物も

1つはamazon.co.jp、アマゾン自身です。

並行輸入品も扱っていますが、返品保証などしっかりしているので一番安心できる販売者です。

 

続いて、メーカー公式。

確かに偽物はないのですが、PC周辺機器などの中華メーカーでは初期不良などから評価を低くすると、「新しい商品+アマゾンギフト券(500円分)」が届いて、高評価のお願いをされますので、評価・レビューが汚染されている場合がしばしばあります。

 

フルフィルメント by Amazon(FBA)、マケプレプライム、大口出品・小口出品。

これらは一般的な小売業者です。

小売りといえども、「有名家電量販店」から「個人の副業」まで含まれますので、玉石混交でここが偽物の流通元になっています。

FBAは、商品をアマゾンの倉庫に入れておくことで迅速な配達→「アマゾンプライム」のロゴをつけることができます。

マケプレプライムは自社で持っている流通網をアマゾンに評価してもらうことで「アマゾンプライム」のロゴをつけることができます。

一見、アマゾンプライムのロゴがついていると安心そうですが、偽物対策と関係ないことに注意しましょう!

 

 

と、いうことで

偽物対策は「amazon.co.jp」と「メーカー公式」から買うことだけです。評判を気にするのであれば「amazon.co.jp」と「メーカー公式(除く無名メーカー)」から買うことです。

 

 

amazonが行う偽物対策

そんな中、アマゾンが(やっと)偽物対策に本腰を入れ始めました。

アマゾンは本腰を入れると強いです。何せ世界一の研究・設備投資額を誇る会社ですから...(研究開発費で2兆円から3兆円です...GAFAでもずぬけています、詳しくはこちらの記事を)

 

それが「Project Zero」です。

amazon project zero

 

Project Zeroは、Amazonで偽物をつかまされないように、2019年の初めにアメリカとヨーロッパの一部(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)でスタートしたプロジェクトです。

 

amazonのAI技術とメーカー・ブランドが持っている知的財産のノウハウを組み合わせて、アマゾンに登録された偽物の商品を自動で排除・削除するものです。

 

登録数は、既に6,000ブランドを超えており、日本では、

パナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー、アイロボット、川崎重工、タカラトミーなどが参加しています。

 

amazon project zeroの具体的な機能は...

1.機械学習を利用した偽物の自動検知・排除(自動プロテクション機能)

世界中のAmazonで毎日更新される50億件を超える商品情報を自動スキャンし、偽物の疑いがある商品を検知します。

結果、これまでに9,000万点以上の偽物の疑いのある出品を利用者が見る前に排除しました。

機械学習を利用しているので、常に新しい情報を取り入れ、機能が強化されていきます。

 

2.メーカー・ブランドに商品の削除権限を付与(セルフサービスの偽物削除ツール)

ブランドオーナーは、偽物の疑いがある商品をAmazonのサイト上から削除できる権限が与えられます。

削除された商品情報は、自動プロテクション機能に反映され、偽物の検出精度の向上に役立てられます。

ちなみにこの機能を利用して偽物を削除する割合を1とすれば、機械学習でAmazonでは平均500以上の偽物を削除しています。

 

3.商品のシリアル化(日本では2020年前半に提供開始予定)

商品のシリアル化は、ブランドオーナーが自社商品の製造および発送の過程で固有のコード(シリアルコード)を発行し、そのコードによってAmazonで販売される1つ1つの商品の真偽を精査し、確認するサービスです。

 

 

amazonが行う偽物対策の参加条件

 

・2019.11現在、招待制です。今後広げていく予定だそうです。

 

参加条件は
・登録商標をAmazonにも登録
・権利者であること
・Amazonのアカウント
・過去6か月以内に知的財産権侵害の可能性のある商品に対して申告を行い、申告が90%以上承認されている

具体的には、「Amazonブランド登録」にアクセスできるAmazonのアカウントでサインインすればわかります。

 

商品のシリアル化以外は無償でできるので、今後対象となるブランド・メーカーが増えていけば

「Nikeの偽物だったー、オレのPatagoniaも偽物だー」という嘆きは少なくなるのではないでしょうか...

今後に期待です。

 

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/

amazon project zero

http://www.projectzero.com/jp

 

 

おすすめ記事

この「Amazonが偽物対策にAI・機械学習を導入」の記事を読まれた方には、「<アマゾンエフェクト>Amazonの強さと研究開発費」「ビジネスに使えるレザースニーカーのおすすめ」「パタゴニアの内外価格差を調べる」もよく読まれています。

-Amazon

Copyright© 得ログ , 2019 All Rights Reserved.